認定看護師
CERTIFIED

目配り・気配り・心配り

福田 裕子(看護師長)緩和ケア認定看護師

緩和ケアの目的は、がんと診断されたときから患者・家族の生活の質(QOL)を維持・向上することです。私は緩和ケア認定看護師として一般病棟でも患者・家族が少しでも安寧の時間を過ごし、「最期のその瞬間までその人らしく生き抜くこと」を支援する看護を目標としています。当院の「おもいやり」の理念に基づき、より多くの人々に目配り・気配り・心配りの緩和ケアを提供したいと考えています。

聴く姿勢

岩上 雄一 がん性疼痛看護認定看護師

痛みによって思うように治療や生活が続けられなくて、悩み苦しむ患者さんがたくさんいます。そんな苦しみを和らげて、その人らしく生きるための支えになれるのが、がん性疼痛看護です。患者・家族の想いに耳を傾け、患者さんの希望に近づけ笑顔が増えるお手伝いができればと考えております。

仲間づくり

小森 幸子(看護師長) 感染管理認定看護師

『見えない菌やウイルスから患者・家族・職員を守る。』これが、感染管理認定看護師の役割です。院内感染予防のための日常的な活動から、問題発生時の対応まで、医師・薬剤師・検査技師・看護師のチームで組織横断的に活動しています。私が、感染対策を実践する仲間に知識や技術を伝える際心がけていることは、①見えないものを見えるように。②方法ではなく、理由を伝える。③クセになるまで繰り返す。この3点です。

これからは、患者が過ごす場所(病院内だけでなく介護施設や在宅)で、介護する人が継続できる感染対策を提案し、地域との連携を強めたいと考えています。

安心安楽に過ごせる

池端 育江(看護副師長)皮膚・排泄ケア認定看護師

主に褥瘡や人工肛門、失禁による皮膚トラブルのケアなどを行っています。

病院内では医師・栄養士・薬剤師など多職種と連携し、褥瘡の調査や回診を行いながら褥瘡発生の予防に努めています。また、人工肛門を造設された方には、在宅でもセルフケアが行えるよう、その方に合わせた方法で指導を行い、安心・安楽に過ごせるよう援助していきたいと思っています。

その人らしい生活が送れるよう、良きパートナーとして支援する

上田 真弓 慢性呼吸器疾患看護認定看護師

慢性呼吸器疾患をもつ患者さんやご家族へ、その人らしい生活が送れることを目標に、セルフマネジメント支援を行っています。

慢性呼吸器疾患に伴う呼吸困難感は、心身ともに苦痛を感じる症状のひとつです。この苦痛を緩和するために専門性を高め、少しでも多くの笑顔が咲かせられるように、患者さんの気持ちに寄り添うケアをしていきたいと思います。

病院内のすべての人たちを感染から守るための活動を行います

赤尾 康子 感染管理認定看護師

患者・家族・医療従事者をはじめ、病院に関わるすべての人たちを感染から守るために、知識やエビデンスに基づいた感染対策を、医療従事者一人ひとりが適切に遂行できるよう支援します。常に患者さんや職員の意見を大切にし、現場目線で、より良い感染対策を推進していきたいと考えます。

医師・看護師・薬剤師・検査技師で結成したICTチーム(感染制御チーム)を中心に、患者さんが安全で快適な療養生活が送れるよう努めます。

このページのトップへ