研修方式と研修期間割

初期研修の2年間で、内科、救急、外科、小児科、産婦人科、精神科、地域医療、一般外来での研修を必須とする。この研修を通じて、初期医療(プライマリー・ケア) に必要な能力を身につける 。地域医療実践の観点から、さらに麻酔科を必須とする。

●1年次の内科研修6ヶ月は臓器別ではなく総合内科としてローテートすることが特徴です。


●2年次の選択研修科は希望科を選択できます。


●2年次の内科研修(選択)では臓器別専門科を選択することも可能です。(循環器内科・消化器内科など)

●外来研修は内科、小児科、総合診療科の初診外来を担当します。


ローテート例

ローテート例

※上記表は研修の期間を表示したものであり、実際に研修する科の順番は異なることがある。

> 2021年度 ローテーション

協力病院等

このページのトップへ